fc2ブログ

趣味とか日常の事とかをだらだらと。 現在は工作がメインコンテンツに。

管理人

パク・マンタロウ

名称:パク・マンタロウ
40代に突入した会社員
重度のゲームマニア
嗜好はややマイナー気味

一応Pixivもやってますが何もない。

一応twitterも(以下略)

最近の記事

ブログ検索

リンク

『めがビホ』は以下のサイトさん達を一方的に応援しています!

web拍手

お前に一言 (*´ω`)(´ω`*) 物申す!

月別アーカイブ

作ってみた ~にとりとモブ少年の箱詰め(ガワだけ)~  

どうも、パクです。

5/8に開催された、第十九回博麗神社例大祭に参加してきたのですが、
(日記記事はこっち→■※現時点では未実装)
例によってなんかアレなモノを作っていたのでそのメイキング記事です。

サムネ


(↓↓↓ 続く ↓↓↓) 
※長文注意


まずはこちらをご覧下さい。(R-18)

・震源地(Skeb)→■
・買えるとこ(DLsite)→■

以前の記事(→)でも紹介したYASSYさんがSkebで描かれたエロ画像。

「発注した方も描いた方も天才だな」

と思ったので例によって勝手に立体化しました。
以下、制作過程。



ホームセンターで蝶番が売ってたのでそれに合わせて寸法を決めて、設計と試作。

1
2_20220508214135a50.jpg



イケそうな感じがしたので取り合えず簡単そうなとこから手を付けてみる。

3_202205082141368df.jpg
4_20220508214138eef.jpg
5_20220508214139eb5.jpg
6_20220508214141629.jpg
ガワは完成。
ここまでは前回の炎上庵の経験があったので特に問題なし。水平直角が大分怪しいけど。


が、
ここからが全部難問でまず中側の素材をどうするかで悩む。
結局質感などと考慮して発泡スチロールを使うことにしたけど触ったこと無い素材なので
ちゃんと加工できるのかなど不安しかない。

7i.jpg
8_20220508214144b19.jpg

丁度いい色合いのブツがあったので助かったが問題はここから。
まずトランクの両面を全く同じ形に成形する方法を考えなければならない。



9_20220508214145259.jpg
10_2022050821414737d.jpg

結局型抜き用の治具を作る羽目になった。スゲー面倒くせえ。
この辺になると3Dプリンター導入しろって感じではあるんですがね・・・


後は気合いで何とかしようと試みる。
11_20220508214148c8f.jpg
12_20220508214150649.jpg
13_20220508214151ad7.jpg
14_20220508214153db2.jpg
15_20220508214154193.jpg


何とかなった。
発泡スチロール、手持ちの電動ルーターで思いのほか綺麗にエグれる事が分かったので意外とサクサク加工できた。
内部構造が階層的になっているのがゲロきつかったけど根性で何とかした、

よく見ると細部は雑なのでよく見ない方がいい。




問題はまだまだある。
外面の素材をどうするかとかなり悩む。

16_20220508214156857.jpg
↑皮貼り
↓樹脂粘土
17_20220508214157071.jpg
当初は適当な皮素材を貼り付けようとしたが
最終的にいつもの樹脂粘土で成形することにした。
後述するけどこれは判断ミスだと思われる。


乾燥前に皮素材を押し付けることで表面の質感を出そうと試みる。
18_20220508214159c5b.jpg
悪くない。


19_20220508214200541.jpg

フチを張って防水ニス(もどき)を塗ってベースは完成。


次、金具類を作る。
予め真鍮板を二種類ほど用意していたが、厚みがあるパーツは制作不能と判断し木材を金色塗装することとした。

20_2022050821420240a.jpg
21_20220508214312e86.jpg

このあたりから制作納期が迫ってきたせいで細部が雑になっている。
因みに塗料はダイソーのペイントマーカーである。



22_202205082143135bf.jpg
22b.jpg
23_20220508214316510.jpg

薄めの金具は真鍮を切り出して作成。
表面の傷が気になるがバフ研磨する時間が無いので諦める。



24a_20220508220431813.jpg
この辺は一応開閉可能に出来た。



四隅の補強部分や革ベルトなどは樹脂粘土で成形した後、手縫いをする。

25_20220508214321b5e.jpg
26_2022050821432281b.jpg
27_20220508214324885.jpg

時間が無くて縫い目の間隔が大分荒い。



28_20220508214325819.jpg
ジッパー兼留め金部分は原作再現を諦めて完全開放状態で固定した。


29_2022050821432749d.jpg
30_20220508214328bef.jpg

皮ベルトの金属パーツは針金を塗装したら割とそれっぽくなりました。



あとはパーツを張り合わせて…完成!




31_20220508214330668.jpg
32_20220508214331517.jpg
33_20220508214333f5c.jpg
34_20220508214334922.jpg
35_2022050821431029e.jpg



うん、ぱっと見はなかなか悪くない。
ただ、本作は特に革ベルト辺りの強度が非常に低く、開閉繰り返すと容易に
破損してしまうので基本開いた状態で飾るしかないのが残念。


全体の感想としては素材の選定に困り、
未知の素材(発泡スチロール、金属)の扱いに困り、
左右対称の成形に困り…
と満遍なくつまづいていった感じですが、その割には悪くない出来だなと言う自己評価。

特に内側の成形に失敗して計画自体が頓挫する想定をしていたのですが、
思いの外忠実に再現出来たのは嬉しい誤算でした。

反省点としては外側は実際の皮素材を切り貼りした方が楽で早くて頑丈だったと思うので
ここは素材の選定ミスですね。
内側が上手くいって余裕かましてしまったため締め切りギリギリの作業になり、
細部の詰めが出来なかったのも残念なところ。



YASSYさんにお渡ししたところ、やはり内側の出来が良いという点を評価して頂き安心しました。

あとはニトリとモブ少年のフィギュアがあれば完璧!
と言う事で唐突に神造型師が通りかかって中身を作ってくれることを祈りつつ今回は終わります。

以上。


<追記>
某ふたば的な匿名掲示板にて、Skeb依頼者の方が本作品を
認知したとの情報がありました。

ふたば

え えー? どういうことなの?
(公式絵)






スポンサーサイト



2022/05/08 06:52|描いたり作ったりした物TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://blackpakuman.blog57.fc2.com/tb.php/558-5b5fa476

最近のコメント

カテゴリー

このブログ

バナー作ってみました

最近のトラックバック

Copyright(C) 2006 眼鏡派ビホルダー All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.