FC2ブログ

趣味とか日常の事とかをだらだらと。 ほぼゲーム日記になると推測。

管理人

パク・マンタロウ

名称:パク・マンタロウ
40代に突入した会社員
重度のゲームマニア
嗜好はややマイナー気味

一応Pixivもやってますが何もない。

一応twitterも(以下略)

最近の記事

ブログ検索

リンク

『めがビホ』は以下のサイトさん達を一方的に応援しています!

web拍手

お前に一言 (*´ω`)(´ω`*) 物申す!

月別アーカイブ

2019 秋合宿 

どうも

先の10/19~21にかけて高松でグダグダやっていました。
例によって身内向け備忘録なので読んでも面白くないです

(↓↓↓ 続く ↓↓↓)

t.jpg



今回の合宿が発足した理由としては
・Willさんが夏休みで別荘に居た
・ホークがうどん巡礼に来た

この2点が重なったので自然発生したイベント。

<10/19(土)>
AM4:00に出発、5:00に別荘着。
Willさん、ホークと合流しうどん屋に赴く。

この日は地獄のうどんツアーと呼んでも差し支えないハードスケジュールで

夜明け前の『うどんバカ一代』に始まり
1_20191031151713430.jpg
2_20191031151714433.jpg


『ひさ枝』
4_20191031151716efa.jpg

『松下』
5_201910311517172af.jpg

『がもう』
4_201910311527206eb.jpg

『山越』
6_20191031151719957.jpg

『みき』
7_20191031151720c3c.jpg

『谷川』
8_201910311517227be.jpg

昼までに7店舗を巡りました。
各店最小単位でしか摂取しませんでしたがさすがにきつい…
完走直後はしばらく身動きが取れない有様でした。

なんにしても、谷川製麺が今年いっぱいで閉店するという事で最後に立ち寄れて良かったです。

午後はボドゲとかPS‐VRでビートセイバーやったりとかして晩飯は近場の中華でした。



<10/20(日)>
とりあえず『田村神社』の日曜うどん。
9_2019103115335666b.jpg
この日はそこまでセーブする必要が無さそうだったのでテンプラなども解禁。

10_2019103115335878c.jpg
しかし年々物が増えるなこの神社…

7時前にmatuさんが到着。ここから4人編成に。
常人にとっては連休でもない単なる土日、という事でGW等では人多すぎの為に敬遠する店を巡る事に。

『須崎』
開店30分前で駐車場がほぼ埋まっていました。これは連休では無理だわ。
11_20191031153359e41.jpg
そして今まででもトップクラスにうどん屋に見えないこの外観、

12_201910311534014ce.jpg
さらに醤油うどん一択という潔さ、悉く名店の条件を満たしているこれぞ讃岐うどん。

13_2019103115340240d.jpg
14_20191031153404e1b.jpg
あと脇にあった像が怖すぎる

その後、二店程回ったけど空振り(恐らく祭りの為)、と言う残念な結果に。

『渡辺』
15_20191031153405c2d.jpg
とにかく天ぷらうどんが凄い、何この流線型のフォルム。
見た目だけでなくこの天かす部分がいい味だしてて旨い。

『七宝亭』
16_201910311538185bd.jpg
メニューが多くてどれを選ぶか悩ましい店でした。
持ち帰り用の蛸バジルうどんを買っておくべきだったかも。

午後は買い物とかボドゲとかやって夜は商店街で肉まんその他を買って食す。
深夜にハニが合流。


<10/21(月)>
うどん3日目。

『古奈や』17]
高野豆腐の天ぷらを頼み忘れたので分けてもらった(ので小さい)

『松下』(二回目)
18_201910311541444b6.jpg
中華麺に挑んでみた。これはこれでガチの味。胡椒を効かせるのが正義。

『十河製麺』
19_201910311541459c9.jpg
ザ・製麺所のうどん。かき揚げがうまい。

この日は戻ってボドゲして夕方解散。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

以下、遊んだゲームなど


『アタッケ』
20_20191031154546f41.jpg
ウィルさんちで石を投げたら当たると言われるほど比率の多いクニツィア先生のゲーム。

21_20191031154547b05.jpg

クニツィアのゲームは「シンプル、そして苦しい」
というのが僕の印象なのですが、その中でも一段とシンプルなシステム。
そして考えてもどうしようもない状況が割とあるのであまり苦しいプレイしたくない時に良さそう。
どこでしゃがむか、勝負するかに特化したゲームと感じました。


『クイント(Qwinto)』
22_2019103115454911b.jpg

先日のゲーム会で面白かった為速攻で買ったゲームその1。
ダイスを振って出た目を皆が同時に書き込むという超シンプルなゲームなのに考える事が多い!
確率・読み・運がバランスよく必要な良ゲー。
困ったときは小鈴チャンスだ!
23_20191031155018204.jpg


『ボブ辞典』
235.jpg

意外と今までやってなかった奴。
ああパーティーゲーってこういうのでいいんだよ、と言う感じ。
思ったより面白かった。


『ロールプレイヤー』
24_20191031154552e10.jpg
先日のゲーム会で面白かった為速攻で買ったゲームその2。

TRPGのキャラ作そのものをゲームにしてしまったという画期的なシステム。
しかもこれ、明らかにD&Dを意識した作りになっているのが素晴らしい!
何と言っても今回のプレイヤーのうち3人は大学時代みっちりとD&Dやっていましたからこの上なく状況に適したゲームと言えるでしょう。

25_20191031154553469.jpg
このアライメントテーブルを見たらもう買うしかねえ

ちょうどこのタイミングで日本語版の拡張セットが出回っているとの事でそっちも揃えないとね。


『まじかる☆ベーカリー ~わたしが店長っ!?~』
26_201910311545557c1.jpg
労働環境的にブラックなパン屋から逃げたパン職人がブラックなパン屋の店長となってがめつく金を稼ぐ、という設定のゲーム。
負の連鎖…
今調べたら「わたしが店長」と付かない前作があるようですね。

27_20191031154556668.jpg
ゲーム自体はワーカプレイスメントで妨害要素が多め。
トップを狙って叩ける手段が多いので、この手のゲームにありがちな初動に失敗して手も足も出ない、
という理不尽さが緩和されている印象でそういう意味で結構ホワイトなゲームなのかも。


『ウィンターテイルズ:冬物語』
ダークな世界観のおとぎ話世界でストーリーを作り上げていくゲーム。

29_201910311545593c2.jpg
ボード上でキャラを動かし、各地に発生するクエストをこなす過程で話が出来上がっていく。

30_201910311546014eb.jpg
最大の特徴はこの意味不明な絵の手札を使用しないと何一つ出来ないという事。
使うためには絵に即した理由が必要なのでアドリブが苦手な人には辛いかも。
幸いTRPGプレイヤはその場の出まかせが何より得意な人種なのでカード使い放題なのですが。

一応陣営に分かれて勝敗を決めるものの、良い物語を作り上げるのが最重要という事でその辺の説明と、
手札使用や物語のジャッジをする裁定者の力量が常用かなと感じました。
(手札が多い方が勝つので対戦ゲーと考えると破綻している)
僕は好きな部類ですが人は選ぶゲームですね。


『とりぷるえっち』
31_201910311546026c9.jpg河原とかにエロ本を拾いに行くゲーム
ただし友人に会ってしまうと素知らぬふりをせねばならず収穫が無くなる、というかなり強い設定の作品。

エロ漫画家なのにボドゲの話ばっかりしてる紙魚丸先生のパッケージが良い。
内容物のイラストも結構危険で、その為ゲームマーケットに出せなかったとか・・・

32_2019103115460403d.jpg
システム的にはシンプルなバッティングゲーム。
収集活動を放棄する代わりに特殊カードを取る選択肢があるのは面白い。
が、一部特殊カードが強すぎてバランスが悪い感じあり、各自調整すべきか。
最大人数(5人)でやった為バッティングしやすかった、人数換えて回してみたいところ。


『弾丸ごっこ』
55_201911011139244c8.jpg
春の例大祭で買ってた奴。
不死者が暇を持て余してロシアンルーレットを繰り替えすというイカス設定。

56_20191101113922c65.jpg
これ、制作サイドは完全運ゲーだと言ってるんですが、実際は割とプレイングが介入する気が。
東方知らなくてもほぼ関係ないという点も含めてなかなか良いゲームではないかと。



【 蛇足 】

なんかWillさんがキュケオーン作ってた。
なんで?

キュケオーンって聞くと俺、これしか知らねえんですが


「皆大体そんな認識で合ってる」との事。

33_2019103115460561c.jpg
うーんまあ、まずくはない。
実際どのぐらい再現できているのかは誰にも分からないけど。

34_20191101115843028.jpg
ちと甘すぎるのでチャーシュー入れたら悪くない。
キュケオーンにチャーシューの食い合わせは世界初の可能性あり。

終わり。
スポンサーサイト



2019/10/31 15:14|雑記TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://blackpakuman.blog57.fc2.com/tb.php/538-20e0c5e4

最近のコメント

カテゴリー

このブログ

バナー作ってみました

最近のトラックバック

Copyright(C) 2006 眼鏡派ビホルダー All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.