趣味とか日常の事とかをだらだらと。 ほぼゲーム日記になると推測。

管理人

パク・マンタロウ

名称:パク・マンタロウ
30代会社員
重度のゲームマニア
嗜好はややマイナー気味

一応Pixivもやってますが何もない。

一応twitterも(以下略)

最近の記事

ブログ検索

リンク

『めがビホ』は以下のサイトさん達を一方的に応援しています!

web拍手

お前に一言 (*´ω`)(´ω`*) 物申す!

月別アーカイブ

岡山でボードゲーム(10) 

どうも、パクです。

先の12/21(日)のボドゲ会の話です。
色々あって最近参加できず、二ヶ月ぶり位に顔を出しました。




s-1_20141224233009cab.jpg


主催の豚さんが作成したXdayセット。
いつも以上に気合の入った見事なクオリティでした。
あと凄い防御力高かった(家の)


この日はやたらと人数集まって基本二卓でやってました。
つうか、10人中4人が初対面、うち一人が初参加でもう一人はたまたま通りかかった飛び入り参加と言うね。
いや潜在的ボドゲ人口は割とあるんじゃないかと感じます。

以下、今回プレイした奴について


『スタンプグラフィティ』

s-2_201412242330100ab.jpg


「出題者」「回答者」「絵描き」(それ以外のプレイヤー)に分かれる。
絵描きが共同で絵を描いてゆき、回答者にお題を伝えるというもの。

ただし、絵描きには「手札のマークと同じ形」しか描いてはいけないという制限がある。

s-4_20141224233012d43.jpg


↑の例だと、右端のカードを出した場合、音符マークを二個まで描いてよい、となる。

この縛りが面白くてどう組み合わせたら分かり易いか頭を使うのがいいですね。


s-3_201412242330118fd.jpg


↑お題は『四国』
絵描きの意思統一がされず全く意味不明な絵にw

あと「ホットドック」と言う決め台詞が爆誕しました。






『ミレグラツィエ』


s-5_20141224233013dfb.jpg

イタリアを漫遊し勝利点を稼ぐゲーム。

s-6_20141224234045323.jpg


↑ゲームボード
複数の町とそれを繋ぐ道が描かれたゲームボードと、各プレイヤーの位置を示す駒。
手番プレイヤーは「貴族」となり任意の道を通って4~5マス進む。
他のプレイヤーは「盗賊」となって貴族が通過しそうな道を予測して待ち伏せをする。

貴族は手持ちの「目的地タイル」に対応した都市に到達すれば勝利点を得る。
また、目的地タイルはマップ上に複数配置されているのでそれを拾ってゆくのも大事。

ただし、進む道に盗賊がいた場合はペナルティがある為、効率のいいルートはリスクが高くなる。
(目的地カードを失い、盗賊に勝利点が入る)

ダイスなど乱数の影響が無く、純粋に読み会いの勝負になるのが熱い!
ルールは簡易なのに中身が深い良ゲーです。

終盤、劣勢を巻き返そうとギャンブルを撃つも尽く外し二位どまりに…残念




『面接開始五分前!』
s-7_20141224234046edd.jpg
面接会場に集った4人の就活生が、ライバルを蹴落とそうと醜く争うゲーム。


s-8_201412242340474ab.jpg
各プレイヤーは引いたカードに対応した欠点を保有するが、自分の状態だけが分からない
(インディアンポーカー状態)

ここでお互いに相手の身だしなみについて虚実入り混じったアドバイスを繰り出し、
相手を翻弄しつつ自分の欠点を推測しなければならない。

「おやあなた、鼻毛が出ていますよ?(嘘だけど)」
「そういう君は口臭が酷いね(これは本当)」

見た目やコンセプトから完全な馬鹿ゲーと思わせて、実はかなりの思考力を要求されるゲームでした。
ゆっくり考える事を許さないシステムもあり、テンポよく濃密なプレイが繰り広げられました。




『アサラ』
s-9_2014122423404865d.jpg

架空のイスラム風都市の有力者となり、権威を示すため立派な塔を建てるのが目的。


s-10_2014122423404950e.jpg
↑ゲームボード
完全なワーカープレイスメント形式のゲーム。
やるべきことは
「塔のパーツを買い集める(土台・中央・先端)」
「塔を建築する」
「資金を稼ぐ」

なんですが、当然条件のいいアクションは取り合いになるのでどこを優先するか悩ましい。

上の写真はゲームがほぼ終わってる段階の物ですが、僕は塔の高さで勝負するのを諦めて
種類と本数で勝とうというコンセプトでした。
(そしてトップ目が欲しがっているパーツをカットするのに失敗し二位に終わったという・・・)

複雑そうに見えるけどやるべきことが明確なため、初見プレイも割とまともに戦えました。
もうちょっとなれたら上級ルールと言うのもやってみたいですね。




『あやつり人形』

s-11_20141225002813df7.jpg

10数年ぶりにプレイ。
ていうか俺持ってたけどどこ行ったろ…?

「なんかイマイチ」
っていう印象があったけどやってみると超楽しい。
よくよく考えてみると昔やった時、職業をドラフトしてなかった気がする。
そりゃつまらねえわな・・・


あとはまあ、カツカレーとかスクィントとかハトクラとか。
別卓でやってるゲームも面白そうだったなあ、ていうかまだやってないゲームの方が圧倒的に多いのではw?

スポンサーサイト
2014/12/25 00:40|ボードゲーム会TB:0CM:1

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2014/12/28(日) 08:11 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://blackpakuman.blog57.fc2.com/tb.php/470-edbea904

最近のコメント

カテゴリー

このブログ

バナー作ってみました

最近のトラックバック

Copyright(C) 2006 眼鏡派ビホルダー All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.