趣味とか日常の事とかをだらだらと。 ほぼゲーム日記になると推測。

管理人

パク・マンタロウ

名称:パク・マンタロウ
30代会社員
重度のゲームマニア
嗜好はややマイナー気味

一応Pixivもやってますが何もない。

一応twitterも(以下略)

最近の記事

ブログ検索

リンク

『めがビホ』は以下のサイトさん達を一方的に応援しています!

web拍手

お前に一言 (*´ω`)(´ω`*) 物申す!

月別アーカイブ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

岡山でボードゲーム(8) 

9/28、またまたまた…ゲーム会でございました。
だいぶ前に記事書きかけて投稿し忘れていたというね…


会長である豚さん
「新人連れてくわー!」
っていうから期待していたら病欠食らって結局いつもの面子となりましたw
いやまあ風邪はしょうが無いよね。




『ミッドナイトパーティ』
s-ミッドナイト1
僕でも知ってるぐらいの古典的名作。一回プレイしてみたかったんすよコレ。


手番が来るとダイスを振る。
・数字の目だけ、自分のコマ一つを移動。
・お化けの目が出た場合お化けを進める。(自分のコマは進めない)
s-ミッドナイト2
一本道をひたすらぐるぐる回るだけのすごろくなんですがこれが面白い!
運ゲー面が強いけどしっかり考えないと勝てなさそうなのがいいですね。
シンプルルールなのにやたら盛り上がりました。


『ファウナ』
s-ファウナ
動物の生息域やサイズを当てるゲーム。
お題となる動物カードを見て、その「生息域」「体重」「体長」「尻尾の長さ」を当てて点を取っていきます。
単なるクイズとは違い、勝負どころでリソースを全力投入して大量得点を狙ってみるなどゲーム性があるのがいいです。
『放課後さいころ倶楽部』で読んだときは単なる覚えゲーかと思ったんですが、種類多すぎて覚えられるレベルじゃねえわw
しかし重量ってなんかピンとこないんですよねえ、大体「体長」「尻尾」で勝負していました。
一方料理人は重さ重視で行っててこの辺面白いなと。

「裏面は太陽系の絵が印刷されてる『宇宙ファウナ』ですよね」
「ゴキブリは火星だな」



『バケツくずし』

s-バケツくずし2
各プレイヤーには2~8までの数字が振られた5色のカードが配られる。
親が出したカードと同色、かつより強い数字の札を出せたらOK、出せなければアウト。
その場合対応した色のバケツが一つ無くなり、その上のバケツもろともまとめて消滅してしまう!

s-バケツくずし1
↑ちょっとわかりにくいけど5色のバケツピラミッド。
これを崩されないように守るのです。

所謂トリックテイキング(UNOとかそういうの)の類なんですが、マストフォローでは無い為、被害が少なそうならあえてカードを出さないという選択肢があるのが面白い。
上の写真だと、頂点の黄色バケツを失って全然痛くない、一方で青で負けると激痛となる。

バケツ山は手札を見てから自由に組めるので配置から相手の手札を推測するなど、ルールがシンプルな割には駆け引き要素が高くなかなかに腹黒いゲームでした。



『HAU LA(ハウラ)』

s-ハウラ
ただひたすらに上を目指すという異色のゲーム。
プレイヤーは4種類のピースを持ち、手番に一つ使い自分のシンボルを少しでも高くなるように移動させていきます。
4つのピースを使い終わった時点で一番高い位置にいたプレイヤーが勝利。超シンプル。
ピースはスポンジ製ですぐ変形するため、重量に負けて歪み順位が変わってしまい油断ならない・・・!

先日同人ボドゲをまとめ買いしたんですが、こいつはその中でも本命だったんですよねえ。
正直まだこのゲームの本質を理解できていない感があるんですが、深く考えなくてもワイワイ言いながら構造物を作っていくのは楽しいものです。



『コンチェルト』
s-コンチェルト
10種類のカードがあり、うち4種類に対応するアクションが設定してある。
山札めくってアクションの必要なカードが出たら素早く指定の動作をする。全員。以上!
このアクション当然四種類あります。
ドラムのカード:太鼓を叩くジェスチャー
シンバルのカード:手を叩く
ボーカルのカード:両耳を塞いで口を開ける
指揮者のカード:起立

やってみるとわかるんですが指揮者=起立だけやたら辛い!肉体的に!
最終的に、立ち上がる体力が残ってない人がペナルティ食らうような形になってました・・・
いやまあ僕は割と平気なんですけどね、物理的に軽いので!

このゲーム、アクションをを追加したりすると混乱して面白くなりそうなので機会があれば妙なハウスルールで遊んでみたいなあ。



『レミデミ』


s-レミデミ

3色3種類のカードを9枚保有し、他のプレイヤーと交換することで「上がれる形」にするのが目的。
カード交換はリアルタイムで行う為非常に忙しく騒がしい。
やってて面白いんだけどいまいち勝ち方がわかんねーなと。


<オマケ>
s-ラスク
「あのラスクってどういうゲームなんすか?」
全く違和感なくて笑った
スポンサーサイト
2014/10/02 07:09|ボードゲーム会TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://blackpakuman.blog57.fc2.com/tb.php/463-d30178f4

最近のコメント

カテゴリー

このブログ

バナー作ってみました

最近のトラックバック

Copyright(C) 2006 眼鏡派ビホルダー All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。