趣味とか日常の事とかをだらだらと。 ほぼゲーム日記になると推測。

管理人

パク・マンタロウ

名称:パク・マンタロウ
30代会社員
重度のゲームマニア
嗜好はややマイナー気味

一応Pixivもやってますが何もない。

一応twitterも(以下略)

最近の記事

ブログ検索

リンク

『めがビホ』は以下のサイトさん達を一方的に応援しています!

web拍手

お前に一言 (*´ω`)(´ω`*) 物申す!

月別アーカイブ

『つれづれ仏教講座』読了 

先日読んだ『蝉丸Pのつれづれ仏教講座』(→)が大変面白かったので紹介をば。




この本は、仏教に関するあれこれを易しく解説している入門書的な本なのですが、

最大の特徴として
オタク用語やネットスラングをフル活用
している事が挙げられます。

例えば、

「仏教の宗派っていうのは東方の二次創作みたいなもんで、原作者(お釈迦様)がいなくなっちゃったので皆思い思いの解釈で同人活動してんだよねー」

みたいな感じで、こっち方面の人間にとってはまさに
「「言葉」でなく「心」で理解できた!」

と言った按配でして、仏教素人ではちょっと分かりにくい部分も超的確に「翻訳」してくれているためすんなり呑み込めるのですよ。
(逆に言うと非オタとか、あるいは10年後に読んだりすると何言ってるのかわからない可能性ありますが)


著者の蝉丸Pという人は現役の住職でありつつニコ動なんかに動画を上げている人で、そっち方面ではそれなりに有名な人のようです。
かくいう僕も『仏具で○○を演奏してみたシリーズ』の作者と言われて「ああ、あの人か!」と思い当たった次第。



この人、
中学時代TRPGをこじらせてうっかり僧職にクラスチェンジしてしまった
というもう筋金入りの方で、ゲーム・コミック・小説・アニメ等々深い造詣を持ち
「あなたは進化した俺ですか?」
と言いたくなる程です。


んで、その(無駄に)深い知識を生かして「宗教ってなんか役に立つの?」「葬儀って必要なの?」「坊主丸儲けなの?」みたいなありがちな疑問から仏教の成り立ちやその本質に至るまで非常に丁寧に語られています。



またその語り口調の面白さやネタ的な部分以外では
宗教に対して偏った理解・間違った理解をしないよう
中道的な立場をキープするよう努めている点がとても好印象でした。

本文中にも
「この本はホント簡潔にしか書いてないし間違いもあるだろうから、眉に唾付けまくって話三割ぐらいで読んでほしい」
と再三に渡って記述してあり、また多くの僧侶が偏った思想しか持っていないという事を憂いている点などが印象的でした。


巻末の参考資料の説明なども非常に実用的で、中立的なスタンスと相まって
これから仏教を学ぶための基礎を学ぶための基礎
を固めるための入門書としても価値が高いと思われます。


田丸の絵と「なんとなく良さげな雰囲気」だけを見て買ったのですが、想定を超えたクオリティに驚愕。
読み物としても実用書としてもオススメの一冊と言えるでしょう。

スポンサーサイト
2012/10/04 23:37|小説TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://blackpakuman.blog57.fc2.com/tb.php/414-87e6a42f

最近のコメント

カテゴリー

このブログ

バナー作ってみました

最近のトラックバック

Copyright(C) 2006 眼鏡派ビホルダー All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.