趣味とか日常の事とかをだらだらと。 ほぼゲーム日記になると推測。

管理人

パク・マンタロウ

名称:パク・マンタロウ
30代会社員
重度のゲームマニア
嗜好はややマイナー気味

一応Pixivもやってますが何もない。

一応twitterも(以下略)

最近の記事

ブログ検索

リンク

『めがビホ』は以下のサイトさん達を一方的に応援しています!

web拍手

お前に一言 (*´ω`)(´ω`*) 物申す!

月別アーカイブ

『VANQUISH - ヴァンキッシュ』 

というわけで、

ずいぶん前に買ってたのに放置していた
『ヴァンキッシュ』(PS3 公式→

一通り遊んだぜーという話。


s-戦闘画面

(↓ be continue)


開発は『ベヨネッタ』プラチナゲームス

ベヨで最高のアクションを作ったから
 次は最高のシューティングをだしてやるぜ!」

という気概で作られたのがこのヴァンキッシュ。
結論から言うと有言実行していますねと。


ストーリーは
ロシアのテロリストがアメリカの衛星を乗っ取ったから奪い返しに行く」
というもの。



s-サム


↑ 主人公のサム・ギデオン。
恩師を救出するため、軍にくっついて乗り込んでいく研究者。
こいつが自分で開発したバトルスーツってのを着てんですがその性能が

・超軽くて固い

ダメージを受けても自然回復する(あまりにも立て続けに喰らうと死ぬ)

神経を活性化させ、周囲をスローに見せる


何この厨性能…
「僕の考えた最強装備www」にしか見えねえ!

(その辺の一般兵の装備は現代の物と大差ない)


特に強力なのがスロー機能で、
これはまあベヨネッタでいうウィッチタイムを能動的に使える、
もしくは咲夜さんのプライベートスクウェアを連発できるって事なんですが
この手のゲームでは反則的。

威力が弱いが集弾率の高い武器を全部ヘッドショットさせたり、
ほぼ静止している敵をスナイパーライフルで撃ったりともうやりたい放題。
そりゃあシャドウランのサムライはみんな強化反射神経いれるわ!



あと、ブーストダッシュで高速移動できたり。

s-ブースト2
s-ブースト

ダッシュモーションも何種類かあって、こんな
イナバウァァァア!!!って叫んでそうな体勢で高速移動しますw


このブーストゲージはスローをかけるときにも消費するので(時間で回復)、
この静と動をいかに使い分けるかというのが本作の醍醐味ですね。






s-武器チェンジ
さらに、武器はデータを差し替えることによって瞬時に別の形態に変化します。
あー強い強いw って感じですが、メモリの都合で三種類までしかストックできないため
どういう組み合わせで進んでいくのかでプレイスタイルが変わるのが面白い。

あと、武器チェンジのモーションが凄くかっこいいんですが静止画ではわかんねえっすねw



難度を低くするとオートロックが可能で快適に遊べるのも良し。



ステージはやや少なめ。ノーマルくらいなら二日ほどでクリア可能。
ただ難度を上げるとかハイスコア狙い、鬼のように難しい「チャレンジモード」と
やりこむ余地は深そうですね。

全体的に、ベヨに比べて競技性が高い印象。



あと、ストーリーとかキャラが全体的にハリウッド気味

s-けばいw

ヒロインの毛穴がばっちり見えたりしててああなんか洋物だなあとw
キャラの強さでグイグイ押していたベヨに比べ、国外へ向けて売ろうという意図を感じました。



<オマケ>

s-煙草吸い過ぎ
宇宙船とかでもお構いなく煙草吸いまくり。
プレイ中でも吸う操作が設定されているのが面白いw



s-ダンス

敵の雑魚ロボット兵が音楽かけてゴーゴー踊っている場面も。
こういう遊びのあるところとか、「不悪友」をファックユーと読ませるセンスとか大好きです。



s-やあ!


ショットガン構えてたら、目の前の土嚢に敵が飛び乗った図。




s-ですよねー

敵「ですよねー」



各所の映像は動画で上げれば魅力をかなり正確に伝えられると思うんですが、
超・面倒くさいので宗教上の理由で無理という事にしておいてください。
スポンサーサイト
2011/02/27 04:11|ゲームTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://blackpakuman.blog57.fc2.com/tb.php/342-8d316d00

最近のコメント

カテゴリー

このブログ

バナー作ってみました

最近のトラックバック

Copyright(C) 2006 眼鏡派ビホルダー All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.