趣味とか日常の事とかをだらだらと。 ほぼゲーム日記になると推測。

管理人

パク・マンタロウ

名称:パク・マンタロウ
30代会社員
重度のゲームマニア
嗜好はややマイナー気味

一応Pixivもやってますが何もない。

一応twitterも(以下略)

最近の記事

ブログ検索

リンク

『めがビホ』は以下のサイトさん達を一方的に応援しています!

web拍手

お前に一言 (*´ω`)(´ω`*) 物申す!

月別アーカイブ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

朧村正 クリア 

これまた長い間積んでいた
『朧村正』(wii)公式→
をようやくクリアしました。
(総プレイ時間40H弱)

これはかの『プリンセスクラウン』の流れを継ぐ、2DアクションRPG
(アクション成分高め)

前作(と言ってもいいと思う)の『オーディンスフィア』はアクション部分に若干残念なところがあったのですが、
『朧』ではがっちり仕上げてきました!素晴らしい!
雑魚を切っているだけで超楽しい、やはりアクションはこうでなくては。





s-鬼助

和風絵キャラが滑らかに動くのが美しい。
『俺屍』もそうですがこういう雰囲気はすごくいい。
こいつは男主人公の鬼助
伝法な口調がたまらんのです。






s-百姫
そしてもう一人の主人公百姫
見た目からして艶やかですが、設定がこれまたエロイ。最高。



この二人のストーリーは基本独立してるが、平行に進めるのも可能。




s-難度

難易度選択もあり。(ゲーム中でも切り替え可能)
僕は「修羅」(HARD)でやってましたが、日常的にゲームやってる人間には
手ごろな難度だと思いました。
奥義の完全無敵を軸に進めていけばそれほど詰まることはないかと。
実はデスペナルティが全くないというのもポイント。





s-武者
s-カポー


敵の造形もいちいちイカス。





後はまあ、温泉ですかね!

s-温泉


欠点としては、キャラがモノを食う動作が無くなってしまっていること。
食い物の種類は多く絵も気合入ってんですが、やはり食う場面がないのはさみしい。
アクションの快適さを重視して瞬間回復の仕様にしたのだと思いますが、
そこは多少隙ができても食うモーションがほしかった・・・惜しい!



結論から言うと、非常に洗練された良いゲームです。
プレイヤの守備範囲も広いので、Wiiを持っててかつACTが苦手でないなら
まず楽しめるでしょう。

というか、こういうゲームがたくさん売れてほしい・・・ギギギギ



スポンサーサイト
2010/10/10 00:00|ゲームTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://blackpakuman.blog57.fc2.com/tb.php/303-f9e35c06

最近のコメント

カテゴリー

このブログ

バナー作ってみました

最近のトラックバック

Copyright(C) 2006 眼鏡派ビホルダー All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。