趣味とか日常の事とかをだらだらと。 ほぼゲーム日記になると推測。

管理人

パク・マンタロウ

名称:パク・マンタロウ
30代会社員
重度のゲームマニア
嗜好はややマイナー気味

一応Pixivもやってますが何もない。

一応twitterも(以下略)

最近の記事

ブログ検索

リンク

『めがビホ』は以下のサイトさん達を一方的に応援しています!

web拍手

お前に一言 (*´ω`)(´ω`*) 物申す!

月別アーカイブ

GHOST TRICK ~ゴーストトリック~ 

「女が撃たれるのを黙って見ているのは主義に反する。
 しかし、私にはどうしても助けに行けない事情があった」

「…私は、一足先に死んでいた」


「のんびり死んでいる場合ではございません」






毎度毎度飽きもせず、積みゲーの多さを嘆いている次第です。
ここ最近も『勇生3』『ラストランカー』『影の塔』等、気になっていたソフトを結局見送るということが続いていました。

今回紹介する『ゴーストトリック』(DS) 公式→
も、当初はスルーしていたのですが、
(スマブラを作った)桜井さんがファミ痛の記事で
「どのゲームとも似ていない」
というのでこれは買うしかないと即決。

現在2時間ほど触って6章まで進めましたが、
やはりこれは良い物でした。

出だしの通り、主人公はいきなり死んでるのですが
(このパターン結構多い気がするなあ)
翌朝魂が消滅するまでに自分の死の真相を解明するという話(多分)


魂だけの主人公が出来ることは

・無生物に「トリツク」事で移動できる。
射程範囲が結構狭い(リアル換算で精々1m程度)ので、ただ動くだけで苦労することに。
ちなみにトリツクモードでは時間経過しません。

・憑依した無生物を「アヤツル」
何にとりついたかで効果はかわる。
例えばライトのオンオフをするとか、冷蔵庫のドアを開けるとか。

・生物の死体に「トリツク」と死亡直前の4分前に戻れる。
この過去世界で運命改変していくことでストーリーが進んでいきます。


ゲームの流れとしては

「誰か死ぬ」

「死亡前4分間を繰り返し、何とか死亡フラグを叩き折る」

「未来(主観現在)が書き換わる」

という感じ。


システムを強いて表現するなら
「手動部分の多いピタゴラスイッチ」?
あまりいい例えが思いつかんです(;´Д`)


DSでドット絵というのもあり、静止画を見るとショボイ感じがしますが、
実際プレイするとヌルヌルとやたら滑らかに動いて美しい。
濃いキャラはアクションも無意味に派手w

キャラの掛け合いがいちいち面白いのもさすがカプコンと言ったところです。
スポンサーサイト
2010/08/07 02:06|ゲームTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://blackpakuman.blog57.fc2.com/tb.php/285-a3abdb40

最近のコメント

カテゴリー

このブログ

バナー作ってみました

最近のトラックバック

Copyright(C) 2006 眼鏡派ビホルダー All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.