趣味とか日常の事とかをだらだらと。 ほぼゲーム日記になると推測。

管理人

パク・マンタロウ

名称:パク・マンタロウ
30代会社員
重度のゲームマニア
嗜好はややマイナー気味

一応Pixivもやってますが何もない。

一応twitterも(以下略)

最近の記事

ブログ検索

リンク

『めがビホ』は以下のサイトさん達を一方的に応援しています!

web拍手

お前に一言 (*´ω`)(´ω`*) 物申す!

月別アーカイブ

[速報] 新PC到着!!! 

さっき来ましたフフーフ。

s-やはりでかいw


この記事の続きを読む…
スポンサーサイト
2010/09/29 22:13|雑記TB:0CM:2

やっつけ更新にもほどがある 

延々とゲームばっかしてて全くSculptris触ってません。

これではいかんということで、前作った人体モデルをいじって遊んでみました。




s-ボーンヘッド
「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」

これまた超初期に作ってたなんかの骸骨を被せてちょいちょいいじっただけ。
腕を曲げたあとの処理が適当でやっつけ感が漂ってます。





s-仁王ズ
「通さぬぞ・・・」「通さぬぞ!」
どれぐらいの体型変化に耐えれるかテストしてたら何故か痩せ仁王・太り仁王に。
手抜きってレベルじゃねえ。


いやーしかし、真面目にやるよりこういうネタを量産していく方が遥かに楽しいなあw
というか、モデリング中もちょいちょいこういう遊びしてるからいつまでたっても終わらんのだという。
2010/09/27 01:51|描いたり作ったりした物TB:0CM:0

伝説兄妹! 

久々に完全新規のラノベ読みました。
タイトルは『伝説兄妹!』

YAZA絵キター

どっかの配管工の兄弟とは関係ありません

発売元は宝島社の「このライトのベルがすごい!文庫」
そのネーミングセンス、嫌いじゃないぜ・・・

もともとは、最近一押しの絵師YAZAさんの挿絵目的で買ったのですが、
小説自体もなかなか良かった・・・いや、かなり良かった!

なんか長文になりそうなので続きは↓に

この記事の続きを読む…
2010/09/23 14:27|小説TB:0CM:0

ゲームデザイン脳 

例の枡田さんがなんか本出してた(→
このあとにも何冊か書いておられるようだ。だからファンならチェックしとけという。

まあそれはそれとしてどんな本かと言うと
「ゲームデザインのノウハウについて本を書いてくれと依頼されたが、
その女編集者が何も考えてないことが判明。
じゃあ目の前のこいつに教えるつもりで書いてやっか」

という、初っ端から枡田節全開の内容。

いやーやっぱこの人の文は面白い。
内容を生かせるかどうかはぶっちゃけ読み手次第だと思うが
少なくとも読み物として確実に値段以上の価値はある。

色々書きたいことはあるが大量すぎるので、以下めぼしいパーツを抜粋。

・帯コメントは(スマブラの)桜井氏より「このオヤジを越えてゆけ!」
・プライベートではゲームはしない(あまりしない方だと思っていたが、ほぼゼロとは思わなかった)
・というか別にゲームデザイナーになりたかったわけではない
「へんじがない、ただのしかばねのようだ」の解析
・システムによるテーマ表現を試みているゲームが少なくて残念
・過去の失敗談(個人的に暴プリの欠点は、戦闘アニメスキップが不可という一点に尽きると思う)
・女編集、秋山絵美の扱い

ざっと思いつくだけでこんな感じ。
内容とは直接関係ないけどときメモでやたらときめいた裏事情のあたりは必見。

まあ大体そんな感じで。
2010/09/21 23:37|雑記TB:0CM:0

人体造ってみたよwwww 

「真面目にSculptrisの練習するお!」
と言って幾星霜・・・

やるやる詐欺どころか誰も覚えてないような気もしますが、
チマチマ作業はしていてとりあえず人体一つこさえてみました。

とりあえず、現状の僕の実力の程を思い知る為に
「自分自身も含めて、一切資料無しで構築する」
というコンセプト。

Q・モデル無しにデッサンしてなんか意味あるんですか?
A・無いです ( ´∀`)ジカンノムダ

とまあ御託並べても誰も読まんと思うのでさっさと見せましょう・・・

これが・・・バオーだ!












s-正面から見たような感じ

(↓続け!)

この記事の続きを読む…
2010/09/19 00:23|描いたり作ったりした物TB:0CM:1

つなぎ更新ですよ 

どうも。

記事として上げるには中途半端なネタが溜まっている状態。
とりあえずちっさい話題をぽろぽろと。

『惑星のさみだれ』終わっちゃったなあ・・・

作者も言ってましたが根幹の構成が最初からブレることなく、
過不足なくきっちり描き上げてるんでこれ以上やっても蛇足でしかないのはわかるんですが、
やっぱ物悲しいものはありますね( 、∀,)

この人の漫画は、割と重要な人物があっさり死んで、まず復活しないので
最後まで気が抜けませんでしたw

最終巻でたらまとめ買いする所存。


○一応、東方の新作は押さえとけ言うことで『妖精大戦争』やってますが
敵弾消せるから楽かと思ったらそんなことはなかったぜ。
ていうかむしろムズイ。


稼ぎパターン考えるのは面白いし、デスペナがゆるいのも嬉しいですが、
やはり自分の基礎能力の低さがいかんともしがたい・・・ 
目標はノーマルノーコン。一応じりじりと進めるようにはなっているのでまだ諦めない。
心が折れそうですが泣かない。あたい強い子。


あとmixiのアプリゲーを触ったりしてましたがこんなんやってる暇ねーという結論に。
大体そんな感じ。
2010/09/12 23:15|雑記TB:0CM:0

『トライン ザ ロストレリック』 

こっそりプレイしていたゲーム紹介シリーズ。

今回はPS3(DL専用)の『トライン ザ ロストレリック』です。
以前電プレのコラムでこっそり評価されてたので気になってやってみました。

ジャンルは2Dアクション(面クリ型・探索型)

公式(→)の動画を見ればどんなゲームかは大体分かるかと。

ストーリーは、
「うっかり秘宝に触ったせいで魂がくっついてしまった三人組が、トリオ解散する為に嫌々冒険する」
というもの。大体合ってる。

この魂がくっついてるてのは『キラー7』の多層人格とほぼ同じ状態なわけですが誰がわかるんだよっていう。

3キャラについてざっと説明すると

<魔法使い:アマデウス> 
ジジイ
念動力で物を動かせる。また、虚空から箱や板などを具現化させることができる。
かなり応用が利き便利だが、敵に囲まれている等スピードが求められる状況では無力に近い。
設定的には「ファイアボールの魔法が習得できず試験に落ち続け、挙句の果てに試験官に一服盛ろうと睡眠薬を作ったら暴発して半年寝ていた」という稀代のドジっ子ぶりだが中身はじじいという残念なキャラ。
かなり落ちこぼれに描写されているが、さすがに他二人とはおつむの出来が違うらしくかなり建設的な意見を吐く。

<女盗賊:ゾーヤ>
ビッチかと思ったら意外とそうでもなかった普通の小悪党。
フックショットによる機動力の高さに加え、戦闘面でも弓がかなり強く使いやすいキャラ。

<騎士:ポンティウス>
脳筋。正義正義と喚いているが多分何も考えていない。
基本戦闘しかやることが無いが、弓で片付く事も多く若干不遇。
盾の無効化性能を生かせば探索で使える事もある。

ちなみに、実は固有スキル以外の身体能力は全く差が無い模様。
盗賊の足が速いとか、脳筋の防御力が高いとか別にない。
鎧など飾りですよ!(と思ったら水に沈む役には立っていた)


このゲームの面白いとこは、たいていの場合クリアの解法が固定されていない事です。
例えば
「前後から火の玉が飛んでくるエリアを通過する」
必要がある状況で、
・射出部を塞ぐ形で箱を生成し、ゆっくり歩いて通る
・天井にフックショットを打ちこんで移動する(技術があるなら一番速い)
・盾を構えて進む。後ろから来るのだけジャンプでかわす。
といった形で自由な発想で攻略できるのがいい。


単にクリアするだけではなく、マップの各所にアイテムが設置してあるのでそれを回収するのがメインの楽しみ方だと思います。回収状況が確認できるのも良し。

普通の2Dアクションに『大神』『海原川背』辺りを加えて後は好きにやって下さいという感じの作品。
要素的にはそれほど目新しい物は無いのですが複合させることでなかなか新鮮なプレイ感覚を味わえました。


2010/09/08 01:23|ゲームTB:0CM:0

「計画通り・・・!」(森世界の神) 

先日チラッと見せた『僕は森世界の神になる』をクリアしました。
(というかしていました)
クリアまでのプレイ時間は10時間ぐらい?

開発は神電研さん(→
『QUALIA』『ばいおるる』をやって、ここのゲームは水が合うなあと思っていたので
メロン屋で見つけて即買いしました。(それ以前に新作をチェックしておけという)



ジャンルは多分リアルタイムシュミレーション
どんなゲームかは開発元の動画見れば一発なんですが
一言で言うと「穴を掘らない『勇者のくせになまいきだ』」
これ以上的確な表現はないのですがワカラン人には全くわからんので一応説明を。

・時間が経つと動植物は勝手に捕食・産卵して増えて行く
・プレイヤーに出来るのはクリックして殺害する事のみ。マジでそれだけ。
・間引くと養分が染み出て、近くの卵や苗に吸収される。条件を満たすと上位種に変化する。

クリア条件は「指定された生態系を作る」「敵を倒す」のどちらか。

餌と捕食者のバランスが悪いとあっという間に荒地になったり、逆に草だけになったりするので注意。

中盤あたりからぐっと難易度が上がって面白くなります。
コツとしては、進化条件を覚えて効率よく大物を発生させる事でしょうか。


s-草食系
今流行りの草食系(笑)メインの生態系。
殲滅力はいまいちだけと管理が楽なのです。




s-末期
末期状態




s-ズッシン
たまには絵でも描いてみようとか思ったり。
個人的にはズシ(灰色の奴)が草食う音が好きです。
攻撃食らっても泰然と食い続ける姿は圧巻です。
(開発者様によるとAIがバカで済みません、とのことですがw)
2010/09/05 02:46|ゲームTB:0CM:0

最近のコメント

カテゴリー

このブログ

バナー作ってみました

最近のトラックバック

Copyright(C) 2006 眼鏡派ビホルダー All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.