趣味とか日常の事とかをだらだらと。 ほぼゲーム日記になると推測。

管理人

パク・マンタロウ

名称:パク・マンタロウ
30代会社員
重度のゲームマニア
嗜好はややマイナー気味

一応Pixivもやってますが何もない。

一応twitterも(以下略)

最近の記事

ブログ検索

リンク

『めがビホ』は以下のサイトさん達を一方的に応援しています!

web拍手

お前に一言 (*´ω`)(´ω`*) 物申す!

月別アーカイブ

シールドセージ 1.3検証とか (『ドラゴンズ ドグマ オンライン』 (3) ) 

どうも。パクです。
またもやドグマオンライン(DDON)の話です。

今回はめっちゃ地味な検証をしてみたという内容なので
いつも以上にほとんどの方には無関係な記事になっています。


前の記事に書いた通り先日割と大規模なアップデートが実施されたのですが
その際、僕のメインジョブであるシールドセージに色々とテコ入れが入り
その一つとして「一部のスキルによるダメージの増加」が予告されていました。

基本火力が求められないジョブなのでかなりどうでもいい話ではあるのですが、
開発側がどういう意図を持っているか等気になる点もあり軽く検証してみた次第。


ただ、別のリファイン項目として「格下の敵へのダメージが増加」している上、
検証をさぼっていたらレベルが上がってしまい、ステータス増加分の補正も
入れなければいけなくなってしまった為なかなか面倒臭い状況に…


しかしまあ何とかそれっぽいデータが算出されましたので公開しておきます。

kensyou.jpg

(クリックで拡大)


↓↓↓ 以下、解説等 ↓↓↓

この記事の続きを読む…
スポンサーサイト
2016/04/01 02:19|ゲームTB:0CM:0

『ドラゴンズ ドグマ オンライン』 (2)  

どうも、パクです。

1_20160310015505bcd.jpg

そして右側の人は全く面識のない赤の他人(プレイヤー)です。

いやービックリするほど更新できてないですね!

なんでこんな忙しいのかっていうと例によってドグマばっかりやってるからです!

以前の更新の時にはまだ、トップコンテンツを追いかけるようなプレイは無理無理、
社会人の余暇で出来る程度で遊べばいいや
と言う感じだったのですが、
ふと気付いてみると大抵毎日数時間プレイしているし、
ほぼ全てのジョブレベルを上げてしまっているという始末。

丁度今日(3/10)大型アップデートがあるのですが、
それまでにやれることは大体やり切ったと言う感じです。
課金量もジワジワ増えているしね…

ともあれ、一区切りに丁度いいタイミングなので、
気まぐれに撮り溜めていた写真でも晒して行きましょうか。


(↓↓↓ 以下本文 ↓↓↓)






この記事の続きを読む…
2016/03/10 08:35|ゲームTB:0CM:0

『ドラゴンズ ドグマ オンライン』 (1) 

どうも、パクです。

近頃目に見えて更新頻度が落ちてますが原因は明確で、
ドラゴンズドグマオンライン(DDON)に無限に時間を吸われているからです。

8/31に正式サービスが始まってから毎日数時間プレイしている訳で。
累計プレイ時間は表記されないので正確な所は不明ですが軽く200とか300とか…?

正直な所、当初はこんな腰を据えてやる気は無かったんですよ。
そりゃカプコンはドグマに対してかなり「本気」だと以前から感じてはいたのですが、
如何せん『基本無料:課金制』という料金形態への不信が大きく、
少し冷かしてやろうかと言う程度の気持ちだったのですが…

実際やってみると
なんだこれ面白いじゃねえか、
やっぱカプコンのACT最高だな!!!


って感じであっという間にどハマりしてしまったわけで。

(↓↓↓ 続く ↓↓↓)

この記事の続きを読む…
2015/12/11 03:21|ゲームTB:0CM:0

ブラボン?当然買うよね本体ごと。 

と言うわけでPS4です。

s-ふぉー

意外と小さい。

↓↓↓

この記事の続きを読む…
2015/04/08 04:31|ゲームTB:0CM:0

最近のゲーム事情 2015冬 

どうも、パクです。

今回は向こう半年ぐらいでプレイしているゲームについて書いて行こうと思います。
つまり、
「ゲームしすぎててゲームの話をブログに書く暇が無い」
と言いたいだけです。

この記事の続きを読む…
2015/03/05 01:35|ゲームTB:0CM:0

最近のコメント

カテゴリー

このブログ

バナー作ってみました

最近のトラックバック

Copyright(C) 2006 眼鏡派ビホルダー All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.